FC2ブログ

リーオーツヤ消し、ウェザリング

2012年02月21日 12:19

墨入れ、デカール貼りの後ツヤ消しを吹きました。

今回ツヤ消しは、愛用ガイアじゃなくてクレオスのスーパクリアを選択。ガイアのツヤ消しは、しっとりしたツヤが出るところが気に入っているのですが、ウェザリングで仕上げる時はもっとカラッとマットにツヤを消したい気がして。



その後、タミヤエナメルで砂っぽい色を作ってウォッシング。



エナメルシンナーで拭き取ってしまうので、あまり意味がないようにも思えますが、全体のトーンが統一されて、しっくり来るようになりました。
スポンサーサイト



リーオー筆塗り

2012年01月31日 12:50

リーオーの進捗状況です。



タミヤアクリルで筆塗りした後、ラッカーのツヤありクリアを吹きました。

アクリルは塗膜が弱くて、ちょっとポーズをつけているとすぐに剥げてしまうので。

この方法、ふと思い付いてトライしてみたのですが、実際クリア吹いてみるとクリアの層がしっかりアクリル塗膜を保護してくれそうで、好感触です。

さらに墨入れもスムーズに出来る、という効果もありそう。



この後ウェザリングを施したいと思います。

リペイント

2012年01月18日 23:06

この数日のリーオー製作の進行状況です。

古いキットですが、意外にもプロポーションはとても秀逸なので、特に手を入れずひさっさと塗装してしまうつもりでしたが、全く無加工というのもどうかと思ったので肩パーツにディテール追加してみました。



彫刻刀とデザインナイフで凹型ディテールを彫って、小さな丸ノズルパーツと合わせます。

その後、塗装に移りました。

ガイアのグリーンとホワイトサフを1:1で混ぜて、サフレスで吹いてみました。



狙ったとおりの色合いがでたのですが、塗ってみてから別のカラーを思い付いてしまいました。



ここまで塗ったのにもったいないなぁ。しかも綺麗に塗れたし。とも思いましたが、思い付いてしまったアイデアは実行せずにはいられません。



ヤスってグリーンを落としてしまいました。

まあ、結果的に全パーツペーパーがけしたことになったので良いか、と自分を納得させることにしました。

1/144リーオー製作記 その3

2011年12月23日 07:14

リーオー、拳をメタルハンドユニットに替えました。



標準はポリパーツでどうにも加工しにくくて、どうしようかと思っていたのですが、アクシズのてんちょうに相談すると、サービスでこのメタルハンドユニットを分けてくれました。

コトブキヤの昔の製品で、今で言う ハイディテールマニピュレーターのはしりみたいなものらしいです。

ホワイトメタル製で、デザインナイフやサンドペーパーで加工出来るのが特徴。



連邦系の角張った形状だったので、サンドペーパーでやすって角を落としています。

さらに右手はマシンガンを持てるように穴を開けました。

今回はメタルハンドユニットという珍しい素材を使えて、良い経験になりました。

1/144リーオー製作記 その2

2011年12月19日 12:19

リーオーの製作、ちまちまと進めています。

合わせ目消しのために盛ったパテで消えてしまったスジ彫りを彫り直したり…



しかし、良キットですよ、これは! 関節は何も触ってないんですが、素晴らしいプロポーションです。

パーツの摺り合わせとか、ヒケは激しいものがあるんですけど、そんなデメリットは吹き飛ばすくらいの、この立ち姿。

その凛々しさに惚れ惚れしちゃいます。

どんな風にペイントしようか、嬉しい悩みです。


最新記事