FC2ブログ

HG Gセルフ完成

2014年12月16日 12:33

更新頻度が著しく落ちてますが、とりあえず生存報告も兼ねて。

HG Gセルフ、完成したので報告しておきます。

1/144 HG G-SELF

改造箇所は、
・アンテナを尖らせた
・肩のダクトの別パーツ化
・股関節を一度切り離して、「ハの字」立ちが決まるように角度をつけて再接着
・拳パーツをbandaiのMSハンドSサイズに置き換え。手の甲のパーツは設定どおりの形状に削りだし。
といったところ。そんなに難しいことはしていません。

1/144 HG G-SELF

ただ、このキットは特に頭部のパーツ分割がくせもので、結構苦労しました。

1/144 HG G-SELF

塗装はガイアノーツのバーチャロンカラーを中心に。
発光部分でシールで再現されているところはジェルクリアで上から覆って発光表現をしてみました。

この作品は、先日鳥取市で開催された、(恐らく)西日本最大のガンプラ展示会「ガンパク11」に出展しました。オールガンダム部門(1/144ですべての(主役級)ガンダムを作って並べよう)という企画展示。なんとか間に合わせようと急いでつくりましたが、結構粗い部分もあり。。。

また画像をまとめてHPに公開します。
スポンサーサイト



HG Gセルフ素組み

2014年10月17日 12:22

HGのGセルフ、素組みしてみました。



Gレコはまだまだ始まったばかりで、どう評価していいのか定まっていないのですが、Gセルフは放映前の設定画像なんかを見た時点ではで多少の疑問を感じていました。

ところが、実際に映像で動いているのを見て「あれ、実はこれ格好いいかも?」と思い始め、キットを組んでみると「これは宇宙世紀ガンダムシリーズの後継者にして、新たなガンダム像を打ち立てる革新者だっ」と鼻息を荒くして叫びたくなる程、評価が変わりました。



胸ダクト、腰アーマーなどにガンダムの意匠を取り入れつつも、全体として非常に有機的なラインを描いています。

プロポーションは、UCまでに追求してきた小顔脚長を脱却し、短足の幼児体型。眼の大きさが親しみやすさを感じさせます。

しかし、このキット、不満がないわけでも。合わせ目消しがかなり複雑なのと、色毎のパーツ分けが充分でないので、塗装の難易度はかなり高い。

一部クリアパーツで再現されている発光部分の処理も頭を悩ませるポイント。

と、いいつつそういうところをクリアしていくのが醍醐味なので、実は嬉しかったりもするんですが。。。

と、いうことでGセルフ作ります。


最新記事